中国の医療事情

留学保険比較RANKING

中国は地域によって気候・治安・衛生面が大きく異なるため、地域に合わせた留学保険を選ぶ必要があります。

留学保険TOP > 中国

中国の治安

中国は国土が広いことから、地域によって救急車の呼び出し方法や医薬品の入手方法、治安・衛生面などが大きく異なります。

近年は中国語を学ぶ方が増えており、中国の各都市を留学先として選ぶケースも年々増加していますが、出国前には必ず滞在先の情報を確認しておきましょう。

たとえば治安については、香港は日本と大差ないくらい良好ですが、北京や上海、広州では犯罪の増加・凶悪化が進んでいます。

特に北京や上海では郊外だけでなく、市内中心部でも強盗・傷害事件が発生しているため、携行品損害や傷害保障は必須です。

気候・衛生面について

国土が広い中国は地域によって気候もさまざまとなっていますが、場所によっては日本よりも寒暖の差が大きく、夏場は気温40℃を超す日もめずらしくない一方、冬はマイナス10度を下回ることもあります。

また、降雨量が少なく、乾燥しやすい気候となっているので、脱水症状や肌トラブルには要注意です。

衛生面については、水道水は飲用可能と発表されているものの、硬水のため、軟水に慣れた日本人が飲用すると胃腸の調子が悪くなることがあります。

食品については以前に比べて安全性への意識が高まりつつありますが、依然として不安要素も抱えているため、食材は十分水洗いし、生ものは口にしないなど、自己防衛が必要となります。

以上のことから、留学保険の疾病・傷害・携行品損害ともにやや高めに設定しておいた方がのちのち安全と言えるでしょう。

中国の医療事情の概要

地域 北京 上海 広州 香港
救急車
122/999(ともに有料)
120
999
医薬品
処方箋なしで購入可能
医師の処方箋が必要
個室代
約2万円~(公立病院)
約1万円~(公立病院)
約1万5千円~(私立病院)
約4万5千円~(公立病院)
入院保証(公立病院)
約25万円~
約26万円~
約39万円~
必要(金額は病院により異なる)
手術費用(盲腸の場合)
約12万円~(公立病院)
約7万円~(公立病院)
約8万円~(公立病院)
約4万円~(私立病院)
外来初診料(胃腸炎の場合)
約3000円~(公立病院)
約6000円~(公立病院)
約8000円~(私立病院)
約2万円~(公立病院)

北京・上海・広州に関しては外来初診料・個室代などほぼ同水準となっています。

対する香港は手術費用こそ安価なものの、個室代や外来初診料が高く、特に外来診療費は公立病院でありながら2万円~と飛び抜けて高くなっています。

また、北京・上海・広州は医師の処方箋なしで医薬品を購入することが可能となっていますが、香港では処方箋が必要となっています。

ただ、上記でも述べた通り、香港は他の地域に比べて治安が良いため、留学保険料を節約したい場合は、携行品損害や傷害よりも疾病治療保障を優先させた方がよいでしょう。

AIU保険会社

オンライン契約から資料請求まで 大好評!オリジナルプラン1年9万円台
www.kaigaihoken.jp

東京海上日動

安心と信頼の東京海上日動留学保険! 留学生向けプランも充実,バラ掛けOK
www.travel-hoken.net

三井住友海上

三井住友海上の留学保険 長期も安心の充実補償
www.travelhoken.com

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 留学保険比較@おすすめはコレ All Rights Reserved.